BMW_4シリーズ

貴重な次世代クーペ!BMW 新型4シリーズ試乗!先代との違いは?

2020年10月、BMWファンの度肝を抜いた「あのグリル」を持つクルマ

最新G22型 BMW 4シリーズがついにデビューしました!

今回は2リッター直列4気筒ターボモデル

「420i クーペ M Sports」

こちらに試乗してきたので試乗レポートをお届けします。

管理人
ブサイクだからって乗らず嫌いはもったいない・・・そんなクルマでした!

 

輸入車一筋、創業から30年! 「輸入車ドットコム」

\ 無料お試し査定 OK/

愛車の値段を確認する

数分の査定の手間で数十万の差がつくかも7

一括査定ではないので営業電話が殺到することはありません。

BMW4シリーズ(G22型)の変更点

スタイルの美しさ

最新型4シリーズの最大の特徴はあのグリル・・・ももちろんですがスタイルの美しさ!

8シリーズはとても美しいシルエットで「BMW屈指の美しいクーペ」として人気があります。

そんな8シリーズをコンパクト化したシルエットを持っているのが今回の「4シリーズ」なんです。

どうですか?

クーペ自体が希少な時代なのでこのラインにはシビレましたね!

BMW最新型プラットフォーム採用

基本的にはG20型3シリーズベースで開発されています。

特徴としては以下が主なポイント

  • ホイールベースは2850mmで3シリーズと同じ
  • 全幅は3シリーズより25mm広い
  • 全長は3シリーズより50mm長い
  • 全高は3シリーズより35mm低い

なぜかセダンである3シリーズより「長い」「広い」です。

このあたりは試乗してから謎が解けました!

全長、全幅の拡大

上記のとおり全長、全幅が拡大されました。

【先代4シリーズクーペの主要寸法】

全長(mm)×全幅(mm)×全長(mm):4670×1825×1375

ホイールベース:2810mm

【新型 4シリーズクーペの主要寸法】

全長(mm)×全幅(mm)×全長(mm):4775×1850×1395

ホイールベース:2850mm

ココがポイント

  • 全長:105mm延長
  • 全幅:25mm拡大
  • ホイールベース:40mm延長

全長、全幅、ホイールベースの延長と拡大は、3シリーズベースなので当然大きくなっています。

コーナーリング時の安定感を向上させるための処置なので、大きくなってしまうのは予想していた人は多いはずです。

問題はコレが走りにどう影響するのか?ですね!

巨大「キドニーグリル」

画像を始めて見たときは「ナニコレ?」って思った人多いですよね?

現車を見た感じはそんなに強烈ではなかったです。

トヨタGRスープラを見たときも衝撃を受けた記憶がありますが、

現在は「カッコいい!」と思っています。

※コレには共感できる人できない人もちろんいらっしゃると思いますが・・・

先代4シリーズオーナーの方が新型に乗り換えを考える場合、「グリルへの慣れ」が壁になりそうです。

試乗してみて「コレ良いな!」と思っても、デザインが受け入れられないのはとても歯がゆいですよね。

ただ、試乗中周囲のガラスなどに移り込むこのクルマの姿はとても美しいと感じました。

走りも良いものに仕上がっているので、みんな慣れて欲しいと思うばかりです。

先代と新型のスペック、主要諸元比較

BMW 420i クーペ パワートレイン比較

先代420i クーペ M Sports新型420i クーペ M Sports
エンジン型式B40B20AB40B20A
総排気量(cc)19981998
エンジン種類直列4気筒ターボ直列4気筒ターボ
最大出力(ps)/rpm184/5000184/5000
最大トルク(Nm)/rpm270/1350-4600300/1350-4000
トランスミッション8速トルコンAT8速トルコンAT

基本的な変更点はエンジントルク向上(先代比で30Nmアップ)です。

エンジン、トランスミッションは基本的に同じ型式のものですが細かい部分が変更されています

BMW 420i クーペ車両寸法比較

先代420i クーペ M Sports新型420i クーペ M Sports
全長(mm)46404775
全幅(mm)18251850
全高(mm)13751395
ホイールベース(mm)28102850
トレッド前(mm)15501585
トレッド後(mm)16001590
最低地上高(mm)130127
車両重量(mm)15901560

全長、全幅、ホイールベースについては先ほど触れましたので省きますが、

最大の変更点は以下です。

大きな変更点

  • フロントトレッド35mm拡大
  • 最低地上高を3mm下げた
  • 先代比30kgの軽量化

ワイドトレッド化、低重心化、軽量

この3点は最近BMWが力を入れている部分です。

ボディは大きくなっても軽量化してくる姿勢は素晴らしいですね!

BMW4シリーズ新型の価格、グレード展開は?

新型BMW 4シリーズのグレードは現在3グレードのみ

新型 BMW4シリーズのグレード展開は現在のところ3グレードのみ。

車両価格を以下に記載します。

グレード価格(円)
420i クーペ5, 770,000
420i クーぺ Mスポーツ6, 320,000
M440 xDrive クーペ10,250,000

Mパフォーマンスモデルシリーズでもはx Drive(4輪駆動)になり、

もちろんエンジンは直列6気筒になっています。

今後、Mパフォーマンスモデルは、安全上どんどんxDriveになりハイパワーFRというのも無くなりそう。

FRが良ければ直列4気筒ターボという選択肢になっていくでしょうね。

ディーラーなどで現在の愛車を下取りに出してしまうと安い値段をつけられる場合が多いんです。

(私もディーラーに下取りに出した後、サイトで査定してみたらサイトのほうが高かった・・・)

 

そもそも、「下取額が妥当なのかもわからない」がホンネ です。

まず査定サービスでおおよそ値段を出してもらってから、下取り査定がオススメの手法ですね。

 

しかし、高く売りたいのなら「車の一括査定」がオススメなのですが、

 

悩む男性
営業電話が鳴りやまない!

 

などの、口コミや評判が多く、避ける人が多いのが現状。

 

営業電話が鳴りやまないのは、「査定キャンセルをしていない」ことがほとんどで、

使い方の悪い人が「悪い評価」をつけてしまっている状況です。

 

そんなときは、「輸入車が得意」な店舗に依頼するのもアリ!

 

輸入車一筋、創業から30年! 「輸入車ドットコム」

\ 無料お試し査定 OK/

愛車の値段を確認する

数分の査定の手間で数十万の差がつくかも7

一括査定ではないので営業電話が殺到することはありません。

 

1度無料査定で愛車を査定してからディーラーと交渉しないと「損」します

ウザい営業電話の回避策は以下から!!

BMW 3シリーズの買取価格はいくらになる?車一括査定の結果は?
BMW 3シリーズの買取価格はいくらになる?車一括査定の結果は?

続きを見る

BMWは程度の良い車も中古車で安く買える?

BMWの中古車はなぜあんなに安い?

BMWは新車時の値引きがかなり高く、100万円単位の値引きも普通にやっているメーカーで、市場価値が下がっている傾向にあります。

そのため、1年落ち程度の低走行、美車でもかなり安く買える可能性が高いです。

なので、事故歴ありとか、いわくつきとかではないのでご安心を。

世界的な「半導体の不足」で「電動シート」すら付いてこない?

世界的な半導体不足により新車が買えない状況になっています。

現在BMWを新車で買うと「タッチパネル」「ワイヤレス充電器」「電動シート」ついてこないです・・・

 

新車以外のクルマの購入方法として「中古車」がありますが、

グレード、色、オプションなど好みがあるので理想の中古車探しが難しい状況で価格も高騰してて探すのに手こずっている人もいるのでは?

 

そこで、中古車探しのプロに探してもらうという方法があります。

「カーセンサー」や「goo」などにも載っていない非公開車両も探せます!

4シリーズの中古車探しを真剣に考えている人にオススメのサイト「ズバット車販売」

BMWは新車で買うと、それなりの値段はします。

そこで、

管理人
あえて、中古車で探すのもアリですよ!

 

中古車で買うとリセールが悪くはなりますが、程度の良い中古車も多いので、長く乗りたい人にはオススメです。

ズバット車販売は欲しい車の条件を入力して待つだけで、中古車販売のプロがアドバイスをくれるサービスです。

悩み

  • 似たような車ばかりでどれが良いのかわからない
  • 保証が付くのか付かないのかがわからない
  • ネットで自分で探していて時間ばかり食ってしまう
  • 欲しいグレードやオプション付きが探せない、すぐ売れてしまう!

時間ばかり浪費するなら、いっそのことプロに任せたほうが良いこともあります。

ズバット車販売の特徴

  • 最長10年(輸入車5年)の保証付きの車を探せる
  • 返品できる(車両本体価格での買取)
  • 修復歴チェック済
  • インターネットサイト非公開車両多数

中古車探しにはとても強い味方になってくれます。

新車は半導体不足により、欲しいオプションが付いてこなことも・・・

\利用完全無料/

ズバット車販売で希望のクルマを探す

40秒で完了!! 「ズバット車販売」には
「カーセンサー」や「goo」に載ってない 非公開の中古車多数あり!!

公式サイト

BMW 420i クーペ M Sports (G22型)試乗レポート

今回、試乗したのは「420i クーペ M Sports」です!

では、さっそく見ていきましょう!

G22型420iクーペ M Sportsのパワー感は?

今回、30Nmのトルクアップを果たしており国内で乗るには必要十分なトルクです。

このあたりはG20型3シリーズと同じで、8速トルコンATとエンジンの相性もバッチリでめちゃくちゃ変速フィーリングが気持ち良い

このあたりの制御はBMWはかなり考えられていて、他のクルマではなかなか味わえないです。

G22型420iクーペ M Sportsのハンドリングは?

かなりシャープかな?と思いきゃ3シリーズとあまり変わらない感覚です。

ホイールベースが同寸法なので当然なのですが、

ハンドリングの良し悪しでいうなら「めちゃくちゃ良いです!

重心が低いので、安定感は3シリーズより上をいっていますね。

G22型420iクーペ M Sportsの乗り心地は?

1番ビックリしたのが「乗り心地の良さ」です。

今回の試乗車は電子制御のダンパーなしなのですが、それでもめちゃくちゃ良かったです。

3シリーズより全長が長いのはリアオーバーハングの長さにありそうで、

G20型3シリーズよりリアまわりの剛性が高い印象ですね。

G22型420iクーペ M Sportsの操作感は?

このあたりは文句なしです。

「ハンドル位置」「ペダル配置」「着座位置」

絶妙な配置にしてくるのがBMWで、ドイツの御三家の中でもピカイチです!

ブレーキペダルは右足をまっすぐに伸ばした延長線上にきますので、とっさのブレーキ操作にも踏み間違えない設計になっていますし、なによりも疲れにくい。

メルセデスも最近見直されつつありますが、ここはBMWが一番ドライバー目線のクルマ作りをしているかわかる部分ですね。

BMW Z4と3シリーズの中間にあたる上質クーペ

今回は新型4シリーズについてレポートをしてみました。

内装の質感についてはBMWディーラーで1度触れてもらうことをオススメします(試乗も)。

 

感覚的にはZ4ほどシャープでもなくハンドリング、上質さとそこそこの実用性を持ったクーペで、

今後、430iやディーゼルモデル、グランクーペの投入もあると思うので期待の1台です。

是非ディーラーに足を運んで見てみて下さい!

その他、BMWの新型車のレビュー記事

直列6気筒モデルM440I xDriveクーペの試乗記はコチラ

BMW M440i試乗!コミコミ見積もり公開
BMW M440i xDriveクーペのコミコミ見積もりは?

続きを見る

BMW 5シリーズセダンマイナーチェンジモデルにも試乗しました!

走りと快適性を両立した!BMW新型5シリーズマイナーチェンジ試乗
走りと快適性を両立した!BMW2020年型新型5シリーズ試乗!

続きを見る

初心者におすすめWordpressテーマ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

管理人

自動車系メーカー勤務 理系会社員&17LIVE 公式ライバー(2021.07.13~) サブスク利用多数、クルマの試乗台数は数えきれず。 クルマも定額で乗る時代が必ず来ます、損のないカーライフを! 内外装の魅力が伝わるようできる限り、画像を多数記事に掲載しています。 ・(G20型)BMW3シリーズオーナー MINIを一括査定で売却し、乗り換え。 ・PRS Custom 24 10 topユーザー PRS SEをネット査定で売却して買い替え。 リアルなレポートをお届けするため「一括査定」「サブスク」は 実際に試しています! 人生は1度きりなので「もったいない精神」は捨てています。

-BMW_4シリーズ,