ライフスタイル

Twitterフォロワー獲得ツールSocialDog(ソーシャルドッグ)の無料プランの使い方

今や趣味だけではなくビジネスにも必須ツールと言っても過言ではない「Twitter」

使用している人が多い反面、こんな悩みを持つ人も多いはず。

 

悩む男性
なかなかフォロワーが増えない

 

こんな悩みを持っている人も多いはずです。

要因

  • フォローしたい人が見つからない
  • 過疎化する時間帯しかツイートする時間が無い
  • いいねがなかなかもらえない

要因は主に上記で、ビジネスにSNSを使用している人ほど効率よく活用したいものですよね!

解決策

Twitter効率化ツールSocialDogを使えば解消します。

今回はTwitterの運用を効率化するツールSocialDogを紹介します。(無料プランです

SocialDog(ソーシャルドッグ)でできること

socialdogはフォローワー獲得に必要な機能を多数そろえた多機能ツールです。

主には自動化・フォローワー管理・分析の機能があり、完全無料から利用できます。

高度な分析が必要な場合は必要に応じてプランが用意されています。

FreeBasicPro
料金無料780円/月3980円/月
連携アカウント数22-502-50
予約投稿10100無制限
高度な予約投稿×
高度なフォロー管理×
高度な分析機能××
リツイートユーザー一覧××
CSVダウンロード××

 

 

 

 

 

 

 

上記が主な機能です。

おすすめは、個人でも利用できそうなベーシックプランです。

SocialDog(ソーシャルドッグ)の便利機能5選

①キーワードモニター

これはツイートに含まれるキーワードから最新ツイートを表示してくれます。

 

あらかじめ設定しておいたキーワード(複数設定可能)を含むツイートを表示してくれるので、自分の趣向にあったフォローワーを見つけることが出来ます。

  • プログラミング
  • ブログ
  • アフィリエイト
  • 副業
  • 在宅ワーク

上記のようにキーワードを5個まで設定できます。

キーワードモニター

「最新のツイートを取得」をクリックすると

指定キーワードを含む最新のツイートを表示してくれます

キーワードモニター

受信箱を表示すると先ほど取得したキーワードを含むユーザーが表示されますので

この画面でフォローをしていけます。

②予約投稿

忙しくてツイートが出来ない人向け機能です。

ツイートをする時間により「いいね」や「リツイート」をもらえる数は変わってきます

 

予約投稿

 

いいねをもらいやすい時間帯(平日休日共)

  • 朝は5時~8時(ピークは6時)
  • 昼は10時から13時(ピークは12時)
  • 夜は基本的に低い(ピークは18時)

リツイートをもらいやすい時間平日休日共)

  • 朝は5時~8時(ピークは6時)
  • 昼は10時から13時(ピークは12時)
  • 夜は基本的に低い(ピークは18時)

1.5億ツイートの分析結果より「いいね」「リツイート」のピーク時間は上記の時間とされており、ツイートをこの時間にすれば「いいね」や「リツイート」をもらいやすいです

 

この時間帯は働いている人であれば通勤中、準備中、昼休み中など忙しい時間帯なので

土日にまとめて予約しておくと良い結果が得られます。

③フォロー・フォローワー管理

自分がフォローした人や、フォローされた、フォロー解除されたなどがわかる機能です。

 

過去30日間ツイートしていないユーザーも表示でき、活動していないフォローワーを解除する、ということも出来ます。

④RSS自動投稿

登録したサイトのブログを更新すると自動的にツイート出来る機能です。

ツイートする手間がはぶけることが最大のメリットですね。

 

しかし、ハッシュタグで拡散が出来ないのでフォローワーが多い人向けではあります。

URLの後ろに「feed」を付けると自動でツイートできるようになります

後の項目はお好みで設定すればOKです。

SocialDogフィード投稿

⑤分析

フォローした人、フォローされた人、フォロー解除した人をグラフで見ることが出来ます。

※Twitterアカウント開始から1ヶ月後の数値

※Twitterアカウント開始から1ヶ月後の数値

無料プランで見ることが出来るのはここまでですが、有料プランに移行すると高度な解析が可能になります。

このあたりはまずは無料で様子見してメリットを感じたら有料登録するのもアリです。

Socialdog【公式サイト】

SocialDog(ソーシャルドッグ)のメリット

①登録が超簡単

Socialdog【公式サイト】

  1. 上記をクリック
  2. 無料で始めるをクリック
  3. Twitterで無料登録
  4. Twitterアカウントを入力して登録

これだけですぐに始められます。

面倒な登録といえばRSS投稿くらいですね!

②忙しい人は予約投稿が便利

朝や寝る前はなかなかツイートする時間が取りにくいものです。

予約投稿を活用して、いいねやリツイートをもらいやすい時間に投稿できます。

SocialDog(ソーシャルドッグ)のデメリット

①自動いいね機能がない

自動いいねは「Twitterルール」で禁止されていますので出来ません。

あれば便利ですが、キーワードモニターの機能を活用して自分でフォローしていきましょう。

②解除されたフォローワーが見れてしまう

視覚的な問題ですがフォローを解除されてしまったのを見れてしまうのはあまり良い気はしませんね。

ここは分析ツールだからと割り切るしかないようです。

まとめ

Twitterを活用して収益化を狙っている人は誰もが使っているツールです

「いいね」や「リツイート」をもらいやすい時間に投稿予約して

自分のサイトをより多くの人に見てもらうようにしましょう。

プランを変更するとフォローしてくれた相手にDMを自動送信できる機能も使えたりと、お金を払うメリットもありますので、気になる人は有料プランの登録もおすすめです。

Socialdog【公式サイト】

 

 

NEW ENTRY

NEW ENTRY

ルノーアルカナ 新型車紹介

2023/1/21

【画像紹介】ルノーアルカナ納車後レビュー!気になる燃費や機能紹介

2022年6月に発売され、日本カーオブザイヤー10ベストカーにも選出された「ルノーアルカナ」
国産車に比べると納期が早く、価格もそれほど高額ではないため、気になる方も多いはず。
12月に納車されたため、内外装の細かい部分、使い勝手をレビューします。

ReadMore

カーネクスト 愛車を高く売りたい

2022/12/31

アルファードは廃車でも人気がある!カーネクストで高く売ろう!

事故や天災で「不動車」に・・悲しいですよね。でも、車は「動かなくなっても」高く売れることが多いので、廃車にしてしまうのはもったいないです!
本記事では、廃車にするのにかかる費用の紹介と廃車買取専門店「カーネクストの紹介をします。

ReadMore

新型トヨタクラウン 新型車紹介

2023/1/26

新型クラウンクロスオーバーRSアドバンスの値段と気になる納期は?

トヨタのフラグシップモデルである「クラウン」新型としてまず登場したのは「クラウンクロスオーバー」です。
本記事では上級グレード「RSアドバンス」の実車画像を複数公開。
記事最後には試乗の感想と見積り総額も公開していますので、参考にしてください。

ReadMore

車関連記事 輸出車専門店ENG

2022/11/24

ハリアーの輸出先はマレーシア?一括査定よりも高額になるか?

車好きなら知らない人はいない、トヨタのSUV「ハリアー」
ハリアーも「アルファード」や「プラド」と同じくマレーシアの富裕層に人気のある車なのはご存じですか?
本記事では主にマレーシア輸出を得意とする、「輸出車専門店ENG」を紹介します。

ReadMore

外車ってリセール悪い?外車マスターほか、評判のいい輸入車専門店紹介

愛車を高く売りたい 輸入車ドットコム

2023/1/22

外車ってリセール悪い?外車マスターほか、評判のいい輸入車専門店紹介

輸入車は国産車に比べると新車価格が高く、売ると安い傾向なので避ける人も多いですよね。 でも、やはり高い速度域での走行を想定された輸入車は日本の方にも魅力的で購入する方も多いです。 輸入車でもSUVやクーペはリセールが良い傾向がありますが、まだまだセダンやツーリングも人気があるので可能な限り高く売却したいところです。 輸入車を高額で売却するには輸入車専門店で売却するのが最適です。 ですが、「輸入車専門店ってどこが良いの?」という悩みはありますよね。 結果的にはすべて利用して価格を比較するのがベストですが、で ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

管理人

【自動車系メーカー勤務&ライター】 自動車系メーカー開発歴17年| 趣味のクルマやギター中心に情報を発信しています。| 定額サービスも利用しており、特に良かったものを紹介しています。| 「車関係」 ・ディーラーに聞いた新車事情 ・中古車業者に聞いた買取相場 ・車の輸出 ・新車情報| 「美容用品、生活必需品」 ・髭剃り(ヘンソン最高です) ・香水 ・電動歯ブラシ| AE86 を2台⇒MINクーパーS「R56型」MINIJCW「F56型」⇒BMW3シリーズ「G20型⇒現在ルノーアルカナオーナー

-ライフスタイル