エレキギター

初心者のギター選び!エレキギターの代表的なタイプを見てみよう!

エレキギターを始めたいと思ったときにまずギターが無いと話になりませんよね?

デジマートで毎日エレキギター見てるけどどれが良いかよくわからない・・・

 

悩む人
でもどんなギターが良いの?音に違いは?

 

こんな疑問ありますよね!

ギター選びのポイントはおおざっぱに挙げると以下です。

ポイント

  1. 見た目
  2. 弾きやすさ
  3. メンテテナンス性

これらのポイントをギターのシェイプ別にまとめて見たので参考にしてみて下さい!

 

今回は老舗メーカーの代表的なタイプに絞りました。

 

たくぽん
初めてのエレキギター選びの参考にしてね!

まずは搭載PU(ピックアップ)の特徴から

ピックアップはエレキギターの弦やボディの鳴りを拾うマイクのようなものです。

 

エレキギターの音の性格を決める重要な役割をもっています

 

ピックアップは大きく分けて2タイプあり音に特徴があります。

 

まずはピックアップの特徴から見ていきましょう!

シングルコイル

歯切れのよい音が特徴で輪郭のあるしっかりとしたサウンドが特徴です。

ピッキングの強弱がはっきり出るため、ピッキングのニュアンスを表現しやすいです。

 

「チャッカチャカ」という歯切れのよい「カッティング」などのテクニックに向いているピックアップです!

 

しかしながらパワーが弱めのため「歪みが足りない」という風に物足りなさを感じる人もいるかもしれません。

 

また、ノイズが出やすい弱点があります。

ハムバッカー

シングルコイルを2個連ねたような形をしていますね。

 

ハムバッカーは見た目から想像がつくようにパワーがあり温かみのある低音が出せること、ノイズにも強いことが特徴です。

 

歪ませやすく強く迫力のあるサウンドを出すことができ、ロック系の「バッキング」などに向いています。

 

しかし、シングルコイルとは逆で輪郭がはっきりした音や軽い音を出すのは苦手です。

エレキギターの代表的タイプ(メーカー)

ストラトキャスター

一番目にするタイプはこのストラトキャスターで気になる人は多いのでは?

 

ストラトキャスターの特徴は「シングルコイル」を搭載したものが多く、芯が太い音を出せること。

 

歯切れのよい「カッティング」などのプレイに向いていますね。

 

ポイント

  1. 見た目:万人受けするデザインで嫌いな人は少ないのでは?
  2. 弾きやすさ:ネックが細く薄いので弾きやすさは○
  3. メンテナンス性:シンクロナイズドトレモロは場合によっては弦交換が面倒なこともあり
  4. 音:シングルコイルの音は好みが分かれる

 

テレキャスター

ストラトキャスターよりも長い歴史をもつギターで、

人気のタイプなので数多くのメーカーからリリースされています。

 

フロントリア1基づつシングルコイルを搭載したモデルから、

シングルコイル、ハムバッカーの組み合わせまで多彩なラインナップがあります。

 

こちらも歯切れのよいサウンドが売りで「カッティング」などのプレイに向いていますね。

ポイント

  1. 見た目:誰でも似合うカッコよいシェイプ!
  2. 弾きやすさ:ストラト同様ネックが細く薄いので弾きやすさは○
  3. メンテナンス性:固定式ブリッジなのでメンテナンス性に優れている
  4. 音:シングルコイル搭載モデルからハムバッカー搭載モデルまで多彩なサウンドが選べる

 

レスポール

こちらも目にするタイプですね。

 

「ストラトかレスポール」というぐらいエレキギターと言えばコレを想像する人多いですよね?

 

レスポールの特徴は「ハムバッカー」を2基搭載しており迫力のあるサウンドが出せること。

 

ハードロックなどの「バッキング」やソロなどのプレイに向いていますね。

ポイント

  1. 見た目:マホガニーなどの木材を使用、木目が美しい
  2. 弾きやすさ:ネックは太いが弾きにくさは感じない
  3. メンテナンス性:テールピースに固定するタイプで弦交換が容易
  4. 音:テールピース固定による鳴りの良さ、ハムバッカー搭載で迫力が出せる

 

 

PRS(ポールリードスミス)

PRS(ポールリードスミス)は1985年創業の若いメーカーですが絶大な人気を誇るギターメーカーです。

 

価格は50万円~とかなり高価ながら愛好家が多く、ユーザーはかなり多いので

目にする機会も多いはず。

 

最近ロックバンドでの使用率も高く、プロの人もほれ込む美しさとサウンドは値段以上。

 

PRSの特徴はとにかく「見た目の美しさ」「甘いサウンド」で、

使用シーンを選ばない万能なギターです。

 

ポイント

  1. 見た目:とにかく木目が美しい、鳥が羽ばたく指板
  2. 弾きやすさ:ネックは細すぎず、太すぎず弾きやすい
  3. メンテナンス性:テールピースに固定タイプもありメンテナンス性も高い
  4. 音:ハムバッカー搭載で迫力あるサウンド、コイルタップでシングルコイルに近いサウンドも出せる

まとめ

エレキギターの選び方は人それぞれですが、やはり音よりも「見た目」から入るほうがモチベーションを保ちやすいです。

あとは挫折しないエレキギターの選び方として「メンテナンス性」も大事。

 

カッコよさに目が行きすぎて「弦交換がしにくい」ということは避けましょう!

皆さんのギターライフが楽しくなるよう最適なエレキギターを選んでくださいね!

 

最近ではエレキギターのレンタルサービスも利用する人が増えています。

「ギターのサブスク」スターペグミュージックのメリット・デメリットを以下で紹介しています。

スターペグミュージック
【ギターのレンタル】スターペグミュージックのメリット、デメリットは?

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

管理人

理系会社員&17LIVE 公式ライバー(2021.07.13~) 車のフイーリングや質感などに関する情報をお届けします。 リアルなレポートをお届けするため 車の試乗、エレキギター試奏、各種Webサービスを実際に使ってみるなど、「モノに触れるコト」を重視しています。 人生は1度きりなので「もったいない精神」は捨てています。 好きな車には乗りたいじゃないですか? 【筆者の紹介】 ・理系男子 ・副業と会社員 ・マッチングアプリ使用経験多数

-エレキギター